耶麻郡木曽組藤沢村

陸奥国 耶麻郡 木曽組 藤沢(ふちさは)
大日本地誌大系第32巻 142コマ目

府城の西北に当り行程8里。
家数50軒、東西5町・南北3町。
一戸川と五枚沢川を挟み山間に散居す。

東12町洲谷沢村の端村一郷の地に界ふ。
戌(西北西)の方9町14間早稲谷村の界に至る。その村まで14町50間余。
南13町河隅村の界に至る。その村まで18町。
北13町賢谷村の界に至る。その村まで18町。

小名

辰原(たつがはら)

本村の南8町にあり。
家数3軒、東西30間・南北40間。
南は山に倚り北は一戸川に傍ふ。

端村

上藤沢(かみふちさは)

本村の北12町にあり。
家数15軒、東西2町・南北4町。
五枚沢川を挟み両岸に散居す。
東西は山に連なり南北に田圃(たんぼ)あり。

白子(しろこ)

本村より未申(南西)の方8町にあり。
家数7軒、東西1町・南北1町。
東は一戸川に傍ひ西は山に続く。

本木(もとき)

本村の西6町にあり。
家数8軒、東西1町・南北2町。
一戸川の西辺にあり。
川東に2区あり。堂目(たうめ)腰巻(こしまき)という。
堂目は家数15軒、東西2町・南北3町。
腰巻は家数4軒、東西1町・南北1町。

道沢(たうがさは)

本村より申(西南西)の方20町にあり。
家数2軒、東西15間・南北10間、山間に住す。

廻渡(まはと)

本村の北18町にあり。
家数6軒、東西50間・南北1町。
西は一戸川に傍ふ。

沢口(さはくち)

廻渡より戌亥(北西)の方10町にあり。
家数14軒、東西1町・南北2町。
東は一戸川に傍ふ。

撫木(なてき)

沢口の北5町にあり。
家数9軒、東西1町・南北3町。
西は山に倚り東は一戸川に傍ふ。

山川

長峯山(なかみねやま)

村より戌(西北西)の方3町にあり。
山脉(さんみゃく)数理の間に連なり飯豊山に続く故に名くという。

早鳥居山(はやとりいやま)

村東9町飯豊山に登る山径なり。
ここに鳥居及び姥神の石像あり。昔飯豊山に登る者は先ここに(けい)しという。

五枚沢川(こまいさはかわ)

村東にあり。
賢谷村の境内より来り、南に流るること14町計村中にて一戸川に入る。
広8間。

一戸川

村南にあり。
一戸村の方より来り、屈曲して南に流るること2里計河隅村の方に注ぐ。
広10間計。

村より丑(北北東)の方4町にあり。
周8町20間、田地の養水とす。

関梁

橋2

共に村中にあり。
一は長10間・幅9尺、一戸川に架す。勾欄あり。
一は長7間・幅4尺、五枚沢川に架す。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 伊勢宮
   伊豆神
   磐椅神
   鬼渡神
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居あり。上三宮村高村能登が司なり。

伊勢宮

祭神 伊勢宮?
相殿 山神
草創 不明
端村本木にあり。
鳥居あり。高村能登が司なり。

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 熊野宮
鎮座 不明
端村撫木にあり。
鳥居あり。高村能登が司なり。

山神社

祭神 山神?
草創 不明
端村白子にあり。
鳥居あり。高村能登が司なり。

寺院

満蔵寺

村中にあり。
養命山と號す。川西組本寺村恵日寺の末山真言宗なり。
開基詳ならず。
文明の頃(1469年~1487年)宗海という僧中興せしという。
本尊大日客殿に安ず。

地蔵堂

境内にあり。


最終更新:2020年09月09日 22:15