耶麻郡大谷組小土山村

陸奥国 耶麻郡 大谷組 小土山(こつちやま)
大日本地誌大系第32巻 148コマ目

府城の西北に当り行程7里。
家数15軒、東西2町39間・南北3町。
大谷川に傍ひ山間に住し四方に田畠を開く。

東6町52間大谷村の界に至る。その村まで13町余。
西21町高目村の山界に至る。その村は戌亥(北西)に当り1里6町50間余。
南5町利田村の界に至る。その村は午未(南~南南西の間)に当り1里1町。
北4町27間三方村の界に至る。その村まで12町余。

端村

早坂(はやさか)

本村の西5町20間余にあり。
家数10軒、東西4町14間・南北50間、山間に住す。

立岩(たていは)

本村の西15町20間にあり。
家数9軒、東西1町20間・南北1町40間。
陣峯の麓に住す。

山川

立岩山(たていはやま)

端村立岩の西にあり。
高46丈余。
そばだちたる石ある故この名あり。

陣峯峠(ちんかみねとうげ)

村西23町にあり。
端村立岩の北に連なり吉田組に通する径路なり。
この山中に数萬騎沢(すまんきさわ)旗子沢(はたこさわ)等の字あり。いつの頃の戦争にか高寺の衆徒ここにて敵を防ぎし所という。

大谷川

村中にあり。
広4間計。
源2あり。一は滑沢川(なめさはかわ)という。一は荒木沢川(あらきさはかわ)という。共に三方村の界より来り、2水合して大谷川という。16町余南に流れ大谷村の界に入る。

荒木沢川にあり。
村より10町計上流にあるを大滝という。高3丈余・幅2間計。
家中に5、6尺より2、3尺の瀑布数十あり。俗に四十八滝と名く。

関梁

小土山橋

村中にあり。
大谷川に架す。
長6間・幅8尺。

境橋

村北7町、三方村の界滑沢川に架す。
長5間・幅1間
三方村の境なる故にこの名あり。

水利

堤9

一は村より戌亥(北西)の方16町にあり。周70間余。
一はその奥1町余にあり。周60間余。
共に中草堤(なかのくさつつみ)という。
一は村より戌(西北西)の方15町余にあり。周70間計、旗子沢堤(はたこさわつつみ)という。
一は村より戌(西北西)の方20町計にあり。周100間余、陣峯堤(ちんがみねつつみ)という。
一端村西14町にあり。周80間余、田麦堤(たむきつつみ)という。
一はその奥30間にあり。周60間余、堤頭堤(つつみかしらのつつみ)という。
一はその奥3町余にあり。周80間余、紙漉沢堤(かみすきさはつつみ)という。
一は未申(南西)の方に並ぶ。周60間余、立岩堤(たていはつつみ)という。
一は村より申(西南西)の方15町にあり。周160間計、中原堤(なかはらつつみ)という。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
鎮座 不明
村北1町余にあり。
鳥居あり。上三宮村高村能登が司なり。

総社神社

祭神
鎮座 不明
村西9町にあり。
鳥居あり。高村能登が司なり。

寺院

海岸寺

村北にあり。
開基詳ならず。山號を大悲山と称す。
天正10年(1582年)永傳という僧中興す。その後頽顛(たいてん)して弥陀の像のみ存す。
寛文4年(1664年)源鐵という僧再興し府下大町融通寺の末山浄土宗となる。
弥陀を本尊とし客殿に安ず。

古蹟

鏡福寺

村北にあり。
山號を小土山という。府下博労町自在院の末寺真言宗なり。
明應中(1492年~1501年)行俊という僧開基すという。
本尊弥陀銅像は古佛なり。長1尺4寸8分、客殿に安ず。

観音堂

境内にあり。




余談。
大谷川(現・深山川)の上流は2手に別れますが、東側が滑沢川で西側が荒木沢川ですね。
また立岩地区の西(山神神社がある辺り)の地名が立岩山といいます。富士山と立岩山は別なのでしょうか?


追記
富士山についてとんりすんがりさんより情報をいただきましたが、風土記本文では富士山は高目村の方に記載してありましたので、そちらに記載します。
最終更新:2020年09月13日 20:23