会津郡大塩組蒲生村

陸奥国 会津郡 大塩組 蒲生(かまふ)
大日本地誌大系第31巻 145コマ目

府城の西に当り行程19里。
3区に住す。
東の端を上蒲生と云う。
家数6軒。東西1町・南北1町40間。
ここより3町30間西を久保(くほ)という。
家数11軒、東西1町・南北50間。
ここより1町30間南を蛭山(ひるやま)という。
家数10軒、東西2町・南北1町。
共に山麓に住し南は只見川に傍ふ。

東9町20間寄岩村に界ひ只見川を限りとす。その村は寅(東北東)に当り12町。
西4里黒谷組叶津村の山に界ふ。
南27町黒谷組黒沢村の山界に至る。その村まで1里18町。
北は越後国蒲原郡上條組室谷村に界ふ。里深して界域分明ならず。
また丑寅(北東)の方13町塩沢村の界に至る。その村まで1里。
未申(南西)の方の方16町叶津村の界に至る。その村まで18町。

端村

八木沢(やきさは)

本村より未申(南西)の方13町にあり。
家数17軒、東西1町30間・南北20間。
西北は山に倚り東南は只見川に()ふ。

山川

五枚山(こまいやま)

村西6里24町にあり。
この山の北に続きて赤芝山(あかしはやま)餅葉山(もちはやま)(一に駒嶽と唱ふ)の2山あり。
2山共に村松領越後国蒲原郡下田郷大谷村に界ひ峯を限とす。

蒲生嶽(がまふがたけ)

村北にあり。
高18町・周1里12町。
峻高にして他山に続かず。

銅山

村西1里20間にあり。
寛文中(1661年~1673年)銅を出す。
今は廃す。

只見川

村南1町20間にあり。
叶津村の境内より来り、東北に流るること1里計、塩沢村の界に入る。

蒲生川

水源3あり。
一は室谷村の界小倉山(せうさうやま)より発し、一は叶津村の界赤岩山より発し、一は白瀧(しらたき)という山より発す。
3流合して東南に流るること1里計、久保・蛭山の間を経て只見川に注ぐ。
広5間。
岩魚・鰥・鱒を産す。

関梁

久保・蛭山の間にあり。
長15間余蒲生川に架す。
丸木橋なり。

神社

塩釜神社

祭神 塩釜神?
相殿 幸神
創建 不明
上蒲生の東30間にあり。
鰐口1口あり『天文廿三年甲匀正月廿日大工守田又次郎』と彫付けあり。径7寸5分。
※天文23年=1554年
鳥居拝殿あり。塩沢村五十嵐備前これを司る。

寺院

薬師寺

上蒲生の麓西山にあり。
真言宗なり。山號を五寶山という。開基詳ならず。
慶長の初め(1596年~)榮智という僧住す。その後殿堂頽破(たいは)せしを正保2年(1645年)黒谷組黒谷村龍泉寺より宥空という僧来て再興す。因て今に彼の寺の末寺たり。
本尊薬師客殿に安ず。