会津郡古町組朴木村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 古町組 朴木(ほほのき)
大日本地誌大系第31巻 127コマ目

府城の西南に当り行程20里28町。
家数7軒、東西31間・南北1町17間。
山間に住し西に立岩川あり。

東18町計白沢村の山に界ふ。
西11町計・北4町10間、共に落合村の山界に至る。その村は亥子(北北西~北の間)に当り7町30間余。
南2町44間耻風村の山界に至る。その村は巳午(南南東~南の間)に当り6町。

山川

立岩川

村西にあり。
耻風村の境内より来り、北に流るること10町計、落合村の界に入る。

関梁

村西隣村の通路立岩川に架す。
長19間。
丸木橋なり。

神社

鬼渡神社

祭神 鬼渡神?
勧請 不明
村東1町余にあり。
社前に欅の古木あり。囲4丈余。
土人伝て鎧掛(よろひかけ)木と称す。いかなる(ゆえ)ということを知らず。
鳥居あり。木賊村星安藝が司なり。



最終更新:2020年03月31日 21:17