会津郡古町組白沢村

陸奥国 会津郡 古町組 白沢(しらさは)
大日本地誌大系第31巻 122コマ目

府城の西南に当り行程19里18町。
家数31軒、東西35町・南北4町32間。
東南北に山廻り西は檜枝岐川に近し。

東3里計古町村の山に界ふ。
西2町宮沢村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで6町。
南1里熨斗戸組穴原村の山に界ふ。
北6町14間古町村の界に至る。その村まで18町20間。
また申(西南西)の方5町32間浜野村の界に至る。その村まで7町30間余。
亥(北北西)の方10町小塩村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで18町。

山川

柳林

村西50間檜枝岐川の岸にあり。
長4町余。水害の防に植という。
更に他木なく柳の古木のみにて春色もっとも愛すべし。

檜枝岐川

村西2町にあり。
浜野村の境内より来り、北に流るること14町余、古町村の界に入る。

粟種沢(あたねさわ)

村南5町10間にあり。
源は境内の山中より出づ、北に流るること2里計、檜枝岐川に入る。
広3間。

神社

伊勢宮

祭神 伊勢宮?
鎮座 不明
村東40間にあり。
鳥居あり。木賊村星安藝が司なり。

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 伊勢宮
   稲荷神
   山神
   天神
建立 不明
村東30間にあり。
鳥居あり。星安藝これを司る。

稲荷神社

祭神 稲荷神?
鎮座 不明
村南30間にあり。
鳥居あり。古町組法導院これを司る。

寺院

毘沙門堂

村東30間にあり。
草創の年代知らず。
村民の持なり。