会津郡楢原組安張村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 楢原組 安張(やすはり)
大日本地誌大系第31巻 98コマ目

府城の南に当り行程7里18町。
家数22軒、東西2町30間・南北50間。
山間に住し南は戸石川に()ふ。

東7町倉谷村の界に至る。その村まで20町。
西6町桑取火村の界に至る。その村まで17町。
南2町小池村の山に界ふ。
北30町余中倉村の山に界ふ。

山川

戸石川

村南30間にあり。
桑取火村の境内より来り、東に流るること9町、倉谷村の界に入る。

桑取火川(くはとうひかわ)

村西6町にあり。
桑取火村の境内より来り、南に流るること6町、戸石川に入る。
広3間余。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
鎮座 不明
村北山麓にあり。
鳥居拝殿あり。水抜村星河内が司なり。

最終更新:2020年03月26日 22:05