会津郡中荒井組石原村

陸奥国 会津郡 中荒井組 石原(いしはら)
大日本地誌大系第31巻 46コマ目

府城の西に当り行程1里18町。
家数10軒、東西2町29間・南北1町1間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東は村際にて中里村に界ふ。その村まで1町20間余。
西1町52間田村山村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り3町。
南2町28間下荒井村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り10町30間余。
北2町22間真渡村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り12町40間余。

寺院

寶蔵院

村中にあり。
山號を石沢山という。
下荒井村蓮華寺の末寺真言宗なり。
康保元年(964年)久光坊という者草創せりという。
本尊不動客殿に安ず。

薬師堂

境内にあり。
堂仲に小石1を蔵む。
()にして長6尺計。寛文4年(1664年)盂蘭盆会に村童松火を焚んとて石を聚めし中にこの石あり。
『康保元甲子年二月十二日 開山石澤山藥師寺久光坊』と書付ありしという。今は文字さだかならず。

古蹟

館跡

村中にあり。
肝煎の別宅となり亨徳の頃(1452年~1455年)石原刑部信清という者住せしという。