会津郡中荒井組舘村

陸奥国 会津郡 中荒井組 (たて)
大日本地誌大系第31巻 47コマ目

昔この地に大なる館あり。その跡に民居を営みし(ゆえ)名けりという。

府城の西に当り行程1里24町。
家数15軒、東西1町42間・南北46間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東1町16間・北1町13間、共に田村山村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り2町。
西2町21間宮下村の界に至る。その村は未申(南西)のに当り3町10間余。
南5町58間本多村に界ふ。
また巳(南南東)の方3町48間荒田村の界に至る。その村まで6町。

寺院

観音寺

村中にあり。
福聚山と號す。
真言宗大町一桂院の末寺なり。山號を福聚山という。
何れの頃の開基にか詳ならず。
天正3年(1575年)圓智という僧修補を加え、同16年(1588年)兵火の為に炎上し、その後再興して今に至れりという。
本尊弥陀客殿に安ず。

観音堂

境内にあり。
この堂もまた圓智が修理せし所にして、兵燹(へいせん)にかかりその後に再興せしという。
会津三十三所順禮の一なり。