会津郡中荒井組本多村

陸奥国 会津郡 中荒井組 本多(ほんだ)
大日本地誌大系第31巻 43コマ目

府城の西に当り行程2里。
家数18軒、東西1町27間・南北1町20間。
未申(南西)の方十二所新田村に続く。
また丑寅(北東)の方50間余に1区あり。
家数10軒、東西1町50間・南北41間。
共に四方田圃(たんぼ)なり。

東1町46間下荒井村の界に至る。その村まで10町30間。
西1町26間十二所新田村に界ふ。
南21間鷺林村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り10町余。
北5町30間宮下村の界に至る。その村まで7町30間余。

端村

新田(しんでん)

本村の北2町10間にあり。
家数10軒、東西28間・南北1町16間。
四方田圃なり。
もとは本村の戌亥(北西)の方3町30間余宮川の邊にあり。
寛政2年(1790年)水災を避てここに移れり。

山川

宮川

端村新田より6町10間余西にあり。
十二所新田村の境内より来り、北に流れ東に転じ6町40間流れ宮下村の境内に入る。

蓼川

村東2町50間余にあり。
鷺林村の界より来り、9町余北に流れ、荒田村の界に入る。

清水

村東3町余にあり。
広4間。
6町50間余北に流れ、荒田村の界に入り田地の養水となる。

神社

天満宮

祭神 天満宮?
相殿 十二所権現
鎮座 不明
村の丑(北北東)の方2町30間余にあり。
昔一盃館ありし跡なりという(鷺林村の条下と併見るべし)。
鳥居幣殿拝殿あり。下荒井村坂内備前これを司る。

寺院

本泉村

村中にあり。
出井山と號す。下荒井村蓮華寺の末山真言宗なり。
慶長16年(1611年)行運という僧草創せしという。
本尊不動客殿に安ず。