会津郡橋爪組大島村

陸奥国 会津郡 橋爪組 大島(おほしま)
大日本地誌大系第31巻 53コマ目

府城の西に当り行程2里。
家数18軒、東西54間・南北1町16間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東24間・南1町2間・北2町58間、共に西麻生村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り4町40間余。
西3町大沼郡高田組安田村に界ひ宮川を限りとす。その村まで7町30間余。
また辰巳(南東)の方1町2間北後庵村の界に至る。その村まで5町10間。

端村

出新田(でしんでん)

本村の戌(西北西)の方3町10間余にあり。
家数3軒、東西13間・南北16間。
四方田圃なり。
寛永5年(1628年)に闢く。

山川

濁川

村西30間余にあり。
西後庵新田村の方より来り、北に流るること4町20間、宮川に合す。

宮川

端村出新田の西南1町にあり。
安田村の境内より来り濁川北に合し、北に流るること4町西麻生村の界に入る。

関梁

村西3町余、安田村の通路宮川に架す。
長11間、土橋なり。

水利

宮袋堰

西後庵新田村の方より来り田地の養水とし西麻生村の方に注ぐ。