会津郡橋爪組西麻生村

陸奥国 会津郡 橋爪組 西麻生(にしあさふ)
大日本地誌大系第31巻 51コマ目

旧は端村古屋敷の地に住す。後に家居をここに別ち、旧地を端村とし古屋敷と名く。中荒井組に同じ称の村ある(ゆえ)西の字を加ふという。

府城の西に当り行程1里12町。
家数29軒、東西2町6間・南北2町50間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東1町30間柏原村の界に至る。その村まで7町余。
西11町42間大沼郡高田組布川村の界に至る。その村まで11町50間余。
南6町28間北後庵村の界に至る。その村は未(南南西)に当り8町20間。
北2町45間本郡中荒井組今和泉村の界に至る。その村まで14町。
また亥(北北西)の方1町38間本郡中荒井組寺堀村の界に至る。その村まで12町。
戌(西北西)の方5町50間本郡中荒井組宮袋村の界に至る。その村まで14町。
寅(東北東)の方1町38間本郡中荒井組東麻生村の界に至る。その村まで6町10間余。
巳(南南東)の方5町40間新在家村の界に至る。その村まで7町40間。
未(南南西)の方1町49間大島村の界に至る。その村まで4町40間余。

端村

古屋敷(ふるやしき)

本村より巳(南南東)の方3町30間余にあり。
家数12軒、東西1町44間・南北2町26間。
四方田圃なり。

出新田(でしんでん)

本村の西5町30間余にあり。
家数13軒、東西1町3間・南北1町11間。
四方田圃なり。
寛永2年(1625年)本村及び高田組境野村より出て闢きし新田なりという。

山川

宮川

端村出新田の西1町30間にあり。
大島村の境内より来り、戌亥(北西)の方に流に流るること4町10間余、布川村の界に入る。
広25間。
小船を設けて往来す。

清水。

村際処々より出集て川となり中荒井組諸村の田畝に灌ぐ。

水利

宮袋堰

大島村の方より来り田地の養水とし下流宮福と村の田畝に灌ぐ。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
相殿 八幡宮
鎮座 不明
端村古屋敷の日3町計にあり。
鳥居幣殿あり。
上荒井村梅宮伊賀が司なり。

寺院

寶幢院

端村古屋敷にあり。
如意山と號す。真言宗本郡中荒井組下荒井村蓮華寺の末山なり。
開基の初詳ならず。
永禄4年(1561年)俊意という僧中興せり。
本尊大日客殿に安ず。

墳墓

古塚

村南8町40間余にあり。
高1丈・周30間。
土人上人壇と唱ふ。