会津郡南青木組大巣子村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 南青木組 大巣子(おほすこ)
大日本地誌大系第31巻 70コマ目
{{{
府城の東南に当り行程2里30町。
家数12軒、東西1町25間・南北1町18間。
山の半腹に住す。黒川その下を流る。

東11町一渡戸村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り22町。
西12町19間堤沢村の山界に至る。その村まで2里。
南11町40間黒森村の山界に至る。その村まで30町40間。
北10町8間河渓村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り24町50間余。

山川

箕輪山

村より申(西南西)の方4町余にあり。
南は黒森村に属す。

ぬたの原山

村南5町にあり。
東は一戸渡村の山に連なり、南は黒森村に界ふ。

黒川

一戸渡村の境内より来り、西北に流るること15町、河渓村の界に入る。

関梁

村より亥(北北西)の方10町余にあり。
長6間・幅1間、共に黒川に架す。
川渓村に往く道なり。

神社

山王神社

祭神 清湯山主命
相殿 伊勢宮
   稲荷神
   山神
鎮座 不明
村より未申(南西)の方30間余にあり。
鳥居あり。堤沢村湯田右膳が司なり。



最終更新:2020年03月16日 19:55