会津郡南青木組黒森村

陸奥国 会津郡 南青木組 黒森(くろもり)
大日本地誌大系第31巻 70コマ目

村南高山ありて雑樹繁陰せり(ゆえ)名くという。

府城の東南に当り行程3里18町。
家数19軒、東西1町2間・南北1町22間。
山中に住す。

東16町二幣地村の山界に至る。その村まで1里30町。
西7町40間香塩村の山界に至る。その村まで1里7町40間。
南8町20間闇川村の山界に至る。その村まで1里。
北19町大巣子村の山界に至る。その村まで30町40間。
また丑(北北東)の方16町酸漿村の山界に至る。その村まで30町。
戌(西北西)の方13町花坂村の界に至る。その村まで2里。

山川

高山(たかやま)

村より辰巳(南東)の方10町にあり。
頂まで20町計。
木立深くして最高し。
東は二幣地村の山に連なり、南は闇川村の山に続く。

笈立山(おひたてやま)

村より戌亥(北西)の方15町にあり。
頂まで10町計。
北は大巣子村に界ひ、西は面川村の山に連なる。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 稲荷神
鎮座 不明
村北にあり。
鳥居拝殿あり。堤沢村湯田右膳が司なり。