会津郡南青木組酸漿村

陸奥国 会津郡 南青木組 酸漿(ほほすき)
大日本地誌大系第31巻 70コマ目

昔この村の山中に燈籠草*1を生ず(ゆえ)に名けりという。今はなし。

府城の東南に当り行程3里16町余。
家数3軒、東西15間・南北30町。
山間に住し黒川に()ふ。

辰(東南東)の方1町余二幣地村に界ひ黒川を限りとす。その村まで1里2町余。
西25町大巣子村の山界に至る。その村は戌(西北西)に当り22町40間。
南14町黒森村の山界に至る。その村まで30町。
北30間一戸渡村に界ひ黒川を限りとす。その村まで40間。

山川

黒川

二幣地村の境内より来り、東より北に(めぐ)り、一戸渡村の界に入る。
境内を経ること3町。

関梁

村より辰(東南東)の方50間にあり。
長6間・幅5尺、黒川に架す。
二幣地村の通路なり。
三渡という(一戸渡村の条下を併見るべし)。