会津郡南青木組石村

陸奥国 会津郡 南青木組 (いし)
大日本地誌大系第31巻 75コマ目

村中に石佛とて長3尺計の自然石あり。因て旧石佛村という。寛文中(1661年~1673年)佛の字を省けり。

府城の南に当り行程2里。
家数12軒、東西35間・南北1町19間。
東は山に倚り、三方田圃(たんぼ)なり。

東6町面川村の山界に至る。その村は丑(北北東)に当り2町余。
西6町大石村に界ひ鶴沼川を限りとす。
南3町8間下雨屋村の界に至る。その村まで6町。
北2町10間中島村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り10町20間。

宇都宮街道にて村南に一里塚あり。

山川

鶴沼川(つるぬまかわ)

村西6町にあり。
大石村の境内より来り、北に流るること3町中島村の界に入る。

水利

門田堰

下雨屋村の方より来り、田地の養水とし中島村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮 2座
   稲荷神
   熊野宮
   山神
鎮座 不明
村東山麓にあり。
鳥居あり。
また本社の前に桜樹あり。囲2丈計。
種子蒔桜と唱へ、極めて古木なり。
府下蚕養宮村佐瀬大隅が司なり。