会津郡小出組沼尾村

陸奥国 会津郡 小出組 沼尾(ぬまお)
大日本地誌大系第31巻 83コマ目

村西山上に沼あり下流の村中に注ぐ。(ゆえ)に沼尾の称あり。

府城の南に当り行程5里18町。
家数24軒、東西19間・南北20間。
小野嶽の麓に住す。
東は鶴沼川に近く、南北は田圃(たんぼ)なり。

東4町桑原村に界ひ鶴沼川を限りとす。その村まで8町。
西34町楢原組大内村に界ひ小野嶽の峯を限りとす。
南4町小出村の界に至る。その村まで15町。
北20町芦牧村の界に至る。その村まで1里。

もと茅牧(かやのまき)という端村あり。
今は廃せり。

山川

小野嶽

村西より直ぐに登ること1里余、頂に至る。

沼2

共に小野嶽の山中沼平(ぬまのたひら)という所にありて頂に近し。
一は東西1町30間・南北1町、雄沼(おぬま)と名く。
一は東西20間・南北18間、雌沼(めぬま)という。

鶴沼川

村東2町にあり。
小出村の境内より来り、北に流るること32町、芦牧村の界に入る。

神社

八龍神社

祭神 高靇神
鎮座 不明
村より未申(南西)の方40間にあり。
鳥居あり。小出村五十嵐越後が司なり。