会津郡小出組芦牧村

陸奥国 会津郡 小出組 芦牧(あしのまき)
大日本地誌大系第31巻 83コマ目

府城の南に当り行程5里。
家数39軒、東西1町・南北2町。
東に畳山を負い、西は鶴沼川に臨み、南北は田圃(たんぼ)なり。

東8町小塩村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り28町。
西17町余大沼郡橋爪組関山村の山に界ふ。
南13町船子沼尾両村の界に至る。船子村まで1里、沼尾村は未(南南西)に当り1里。
北13町大沼郡南青木組小谷村の界に至る。その村まで30町。
また申(西南西)の方23町楢原組大内村の界に至る。その村まで2里20町。

また船子峠の頂に家居1軒あり。

山川

ちさか嶽

村西2町にあり。
登ること1里余。

八森山(やつかもりやま)

ちさか嶽の南に並ぶ。
登ること1里余。
雑木茂れり。

鶴沼川

村西30間にあり。
船子村の境内より来り、北に流るること15町また東に転じ、13町計をへて小塩村の界に入る。

温泉

村北8町計鶴沼川の岸の岩間より出。
冷湯にて脚気・眼疾等を治す。

神社

御霊神社

祭神 不明
相殿 天神
勧請 不明
村北1町にあり。
祭神及び勧請の年月詳ならず。
御正體1面あり。『永禄十一年十一月二十五日』と彫付けあり(永禄11年=1568年)。
鳥居あり。小出村五十嵐越後これを司る。

湯泉神社

祭神
鎮座 不明
村北6町余にあり。
鳥居あり。村民の持なり。