会津郡小出組桑原村

陸奥国 会津郡 小出組 桑原(くわはら)
大日本地誌大系第31巻 83コマ目

府城の南に当り行程5里18町。
家数18軒、東西45間・南北45間。
山麓に住し西は鶴沼川に臨み南北は田圃(たんぼ)なり。

この村宇都宮街道駅所にて、本郡南青木組香塩村より2里8町ここ継ぎ、ここより13町52間小出村駅に継ぐ。
村中に官より令せらるる掟条目の制札あり。

東2里本郡南青木組闇川村の山に界ふ。
西3町沼尾村に界ひ鶴沼川を限りとす。その村まで8町。
南3町小出村に界ひ鶴沼川と限りとす。その村は未(南南西)に当り13町50間余。
北12町船子村の界に至る。その村まで18町。

山川

大戸嶽(おおとかたけ)

村東20町にあり(本郡の条下に詳なり)。

鶴沼川

村西3町計にあり。
田代村の境内より来り、東に流るること30町、西に折れ北に転じ25町計を経て船子村の界に入る。

関梁

船渡場

村南、宇都宮街道鶴沼川の渡しなり。
小出村の条下を併せ見るべし)

神社

伊勢宮

祭神 伊勢宮?
鎮座 不明
村北にあり。
鳥居あり。小出村五十嵐越後が司なり。



  • 駅名板があるんですが、何かの由来でもあるのでしょうか(宇都宮街道の駅所だったから?)