大沼郡南青木組馬越村

陸奥国 大沼郡 南青木組 馬越(まこし)
大日本地誌大系第33巻 8コマ目

府城の南に当り行程3里。
家数10軒、東西1町・南北1町55間。
東は鶴沼川に()ひ西は山に倚る。

東2町23間会津郡本組南原村に界ひ鶴沼川を限りとす。
西5町穂谷沢村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り7町30間余。
南11町7間小谷村の山界に至る。その村は巳(南南東)に当り21町10間余。
北4町35間会津郡本組上雨屋村に界ひ鶴沼川を限りとす。

山川

大樋戸山(おほひとやま)

村南にあり。
高70丈計。
西は穂谷沢村に界ひ南は小谷村の山に連なる。

中山峠(なかやまとおげ)

村南6町にあり。
大樋戸山の東麓をいう。
小谷村にゆく路なり。

経岩(きやういわ)

村北鶴沼川の西崖にあり。
石理ありて経巻をつむが如し。

鶴沼川

村東2町20間余にあり。
小谷村の境内より来り、北に流るること18町穂谷沢村の界に入る。

土産

煙草

菜圃(さいほ)の字に井戸川(いとかは)という所あり。ここより出るもの殊に佳なり。
気味強して香気あり。
封内諸村に多けれどもこの村の産にしくものなし。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 明神 地主神なり
鎮座 不明
村の辰巳(南東)の方にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。深川村高野石見これを司る。