大沼郡南青木組穂谷沢村

陸奥国 大沼郡 南青木組 穂谷沢(ほやさは)
大日本地誌大系第33巻 7コマ目

府城の南に当り行程2里30町余。
家数25軒、東西2町5間・南北3町20間。
山間に住す。
東に田圃(たんぼ)ありて鶴沼川に近し。この所を入穂谷沢と称す。
この外に(たき)総沢(そうさは)という2区の小名あり。
総沢は入穂谷沢の北3町にあり。
家数8軒、東西1町6間・南北45間。
滝は総沢の北15町余にあり。
家数11軒、東西1町・南北32間。
共に東は鶴沼川に()ひ西は山に倚る。
3区の総称を穂谷沢村という。

東3町会津郡本組下雨屋村に界ひ鶴沼川を限りとす。
西は大石村に界ひ村際の山頂を限りとす。
南4間馬越村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り7町30間余。
北は村際にて大石村に界ふ。その村まで12町30間。

端村

堀内(ほりうち)

滝の南3町50間にあり。
家数16軒、東西54間・南北2町14間。
東は鶴沼川に()ひ西は山に倚る。

山川

千谷嶽(ちやがたけ)

村南1里計にあり。
頂まで1里余。
西は大石村の山に続き南は会津郡小出組芦牧村の山に連なる。

鶴沼川

村東にあり。
馬越村の境内より来り、北に流るること16町大石村の界に入る。

土産

煙草

気味殊に佳なり。
馬越村の産につぐ。

水利

窕堰

総沢の東にて鶴沼川を引き、田地の養水とし大石村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮 2座
   八幡宮 3座
   山神 6座
   鬼渡神 6座
   明神
   権現
   稲荷神
   天神
   天王神
鎮座 不明
滝より戌亥(北西)の方にあり。
側にわずかの瀑布あり。故に土人滝壺稲荷という。
古藤蔓延して社頭を覆う。花時愛すべし。
鳥居幣殿拝殿あり。会津郡高久組深川村高野石見これを司る。

寺院

源慶寺

端村堀内より未申(南西)の方1町余にあり。
大戸山と號す。会津郡本組天寧村天寧寺の末山曹洞宗なり。
縁起によるに、昔何の頃にか東泉という僧の開基なり。初は榮泉山一渓庵と號す。
天正の頃(1573年~1593年)裕玉という僧あり。彼は葦名盛氏の草履を取りし下部なり。後に剃髪して僧となり、盛信の霊牌と盛氏の影像を守護し1宇の草庵を営み瑞雲院と號す。即今の府下天寧寺町宗英寺なり(宗英寺にはこの事を伝ず)。
天正巳丑の乱(1589年)後義廣出羽の秋田に移りし時、裕玉も霊牌と影像を負て秋田に趣きけり。後にまた故郷に帰り影像をば瑞雲院に納め、その身はこの寺に移住し盛信盛氏の霊牌を安置し、天寧寺9世仁庵を請て開祖とし盛信の法名によりて源慶寺と改めしとぞ(案ずるに、盛信の位牌今天寧寺におさめ『元慶喜公大禅定門』とあり。当寺にて源の字を記せるは音の同きにより訛しとみゆ)。
本尊観音客殿に安ず。
また『月翁宗圓居士』と記せし位牌あり。表に『元和九癸亥九月二十五日堀内遠藤土佐守入道』と彫付けあり(元和9年=1623年)。この村の肝煎遠藤喜蔵という者の先祖なりとぞ。