大沼郡高田組逆瀬川村

陸奥国 大沼郡 高田組 逆瀬川(さかせかは)
大日本地誌大系第33巻 26コマ目

府城の西に当り行程2里33町。
家数53軒、東西3町50間・南北1町30間。
南は山に()ひ東北は田圃(たんぼ)にて西を逆瀬川流る。

東5町沖中田村の界に至る。その村まで19町。
西5町本郡中荒井組小沢村の山に界ふ。
南5町根岸中田村の山界に至る。その村は辰(東南東)に当り18町。
北8町28間小沢村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り16町20間余。
また申(西南西)の方1里4町20間軽井沢村の界に至る。その村まで1里33町。

村西に石砮古瓦出る所あり。
来由を伝えず。

小名

松坂新田(まつさかしんでん)

本村より24町申(西南西)の方にあり。
家数6軒、東西30間・南北42間。
山の間に住す。東に逆瀬川あり。

端村

佛沢(ほとけさわ)

本村より1里14町未申(南西)の方にあり。
家数11軒、東西1町・南北50間。
山腰に住す。

山川

松坂峠

小名松坂新田の西にあり。
昔は今の道より西北を往来し大沼郡・河沼郡2郡の界なりしに、後新たに今の道を開く。
麓より頂まで13町計。
軽井沢村にゆく道なり。

逆瀬川

上流を二岐川という。
軽井沢村の境内より来り、端村佛沢の西北を経て山間を回り、本村の西北を流れ北に転じ東に折れ、凡1里20町計流れ小沢村の界に入る。
この皮の岸に埋木あり。
色黒潤なり。人多く採て玩ふ。

水利

村南6町にあり。
東西17間・南北1町余。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
相殿 熊野宮
   山神
   聖神
鎮座 不明
村より2町未(南南西)の方山腰にあり。
鳥居拝殿あり。高田村渡邊伊予が司なり。

白山神社

祭神 白山神?
草創 不明
村より申(西南西)の方8町、大日という山の中腰にあり。
興隆寺これを司る。

寺院

興隆寺

村中にあり。
黒岩山と號す。
弘仁元年(810年)空海当寺を草創し大日不動の2像を安じ、また白山權現を勧請して当時は寺頭12宇ありしという。
天正中(1573年~1593年)回禄に罹りしを雀林村法用寺の徒来り再興す。
法用寺の門徒天台宗なり。
本尊弥陀客殿に安ず。

大日堂

客殿の南にあり。

稲荷神社

大日堂の西北にあり。



松坂峠

会津郡・大沼郡の境界の松坂峠とは別です。
現在南北に林道『飯豊・檜枝岐線、会津坂下・新鶴区間』が整備されていますが、松坂から林道、林道から軽井沢村へ通る道は残っていないようです。
※地理院地図(大正2年測図/昭和6年修正)



添付ファイル