大沼郡高田組沖中田村

陸奥国 大沼郡 高田組 沖中田(おきなかた)
大日本地誌大系第33巻 23コマ目

府城の西に当り行程2里15町。
家数42軒、東西3町24間・南北2町10間。
四方田圃(たんぼ)にて村東に下野街道あり。

東7町会津郡中荒井組宮袋村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り20町余。
西14町逆瀬川村の界に至る。その村まで19町。
南7町54間檜目村の界に至る。その村まで13町。
北1町6間阿久津村の界に至る。その村まで2町30間余。
また亥(北北西)の方4町42間立行事村の界に至る。その村まで10町。
申(西南西)の方1町50間根岸中田村の界に至る。その村まで6町。
巳(南南東)の方10町20間境野村の界に至る。その村まで18町。

旧10町余西に長尾新田(なかおしんでん)という端村あり。
今は廃す。

山川

逆瀬川

村北1町余にあり。
立行事村の境内より来り、東に流るること11町40間余、会津郡中荒井組本多村の界に入り赤沢川に合して宮川に注ぐ。

赤沢川

村より巳(南南東)の方4町20間余にあり。
檜目村の境内より来り、北に流れ東に転じ8町20間余流れ、本多村の界に入り逆瀬川に合す。

水利

牛沢堰

根岸中田村の方より来り阿久津村の方に注ぐ。

神社

春日神社

祭神 春日神?
相殿 伊勢宮
   正八幡宮
   若宮八幡
勧請 不明
村より30間余亥(北北西)の方にあり。
鳥居あり。高田村渡邊伊予これを司る。

寺院

正念寺

村中にあり。
高尾山と號す浄土宗五之町高巖寺の末山なり。
開基詳ならず。
昔は東照山と號し村西にあり。天文年中(1532年~1555年)火災に罹り春甫という僧再興す。文禄中(1593年~1596年)如冏という僧ここに移し寺號を改むという。
本尊弥陀客殿に安ず。