大沼郡大石組八町村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 大沼郡 大石組 八町(はちまち)
大日本地誌大系第33巻 70コマ目

府城の西に当り行程12里11町。
家数27軒、東西1町40間・南北45間。
東は山に倚り西は野尻川に傍ふ。

東9町多良布村の山界に至る。その村は北に当り25町。
西2町玉梨村に界ひ野尻川を限りとす。その村は巳(南南東)に当り18町。
南5町中井村の界に至る。その村まで7町。
北3町小栗山村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り8町。

山川

白鳥山(しらとりやま)

村東6町にあり。
高3町。
東は玉梨村に界ひ北は多良布村に界ひ、共に峯を限りとす。
また村の東北に與志留山(よしとめやま)というあり。
雑木多し。

野尻川

村西に1町にあり。
中井村の境内より来り、西北に流るること10町小栗山村の界に入る。

温泉

村西1町10間にあり。
野尻川の涯、岩間より湧出つ。

関梁

村西9町、野尻川に架す。
長18間・幅4尺。
端村往来の路なり。




最終更新:2020年04月27日 16:52