大沼郡大石組玉梨村

陸奥国 大沼郡 大石組 玉梨(たまなし)
大日本地誌大系第33巻 71コマ目

府城の西に当り行程12里29町。
家数19軒、東西58間・南北2町40間。
東は山に倚り三方田圃(たんぼ)にて西は野尻川に近し。
また西北の方1町余に家数4軒あり。東西16間・南北56間。

東1里大谷組間方村の山に界ふ。
西1里18町余大塩組越河村の山に界ふ。
南17町20間野尻組松山村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り1里2町30間。
北2町中井村の界に至る。その村まで10町。

もと村西24町に袖山(そてやま)という端村ありしが今はなし。


端村

西中井(にしなかい)

本村より戌(西北西)の方3町20間にあり。
家数13軒、東西30間・南北1町。
東は野尻川に傍ひ西は三方田圃(たんぼ)なり。

湯上(ゆのうへ)

西中井より戌亥(北西)の方8町にあり。
家数11軒、東西1町・南北33間。
山間に散居す。

山川

於妻嶽(おつまがたけ)

村より申(西南西)の方9町にあり。
岩石競峙て野尻川に臨み、巓に松樹あり。

大高森山(おほたかもりやま)

村東20町にあり。
高7町。
雑木多し。
北は多良布村・沼沢村に界ひ東は間方村に界ふ。

馬追峠(まおひとおげ)

村南3町にあり。
頂まで8町。
雑木多し。
冬月に至り積雪(みち)を埋み人馬の往来断るときは、この山の峯を攀ち末山村に通す。

野尻川

村西に30間にあり。
松山村の境内より来り、北に流るること1里余中井村の界に入る。

小川(こかわ)

源は野尻組野尻村の境内美女帰山より発し、西南に流るること1里余村西に至り野尻川に注ぐ。
広8間。

温泉

端村湯上の東3町にあり。
野尻川の邊岩石の間より迸り出つ。熱湯にして瘡を治す。
傍に小屋を設けて浴客を待つ。

関梁

村の西北1町にあり。
長17間・幅7尺。
野尻川に架す。隣村の通路なり。

神社

鹿嶋神社

祭神 鹿島神?
相殿 日光神
   白山神
鎮座 不明
村の西北50間にあり。
鳥居拝殿あり。

神職 栗田薩摩

小栗山村に住す。
何の頃にか伊勢某という者初て神職となり、12世を経て今の薩摩重春に至る。

寺院

常楽寺

村中にあり。
山號を米度山という。
何の頃の開基にか詳ならず。
元亀3年(1572年)宥繁という僧再興す。
真言宗道場小路観音寺の末寺なり。
本尊弥陀客殿に安ず。