大沼郡大石組早戸村

陸奥国 大沼郡 大石組 早戸(はやと)
大日本地誌大系第33巻 74コマ目

府城の西に当り行程10里35町余。
家数22軒、東西58間・南北1町20間。
山腰に住し南は只見川に傍ふ。

東18町54間滝谷組名入村の界に至る。その村まで1里23町余。
西15町20間水沼村に界ひ只見川を限りとす。その村まで1里10町。
南6町三更村に界ひ只見川を限りとす。その村は未(南南西)に当り8町。
北1里余滝谷組大石田村の山に界ふ。

端村

滝原(たきはら)

本村の東12町にあり。
家数23軒、東西1町・南北1町20間。
西北は山を負い東南は菜圃(さいほ)にて只見川に近し。

山川

逆瀬川(さかせかわ)

村の西北11町にあり。
大石田村の境内より来り、山谷の間を屈曲して西に流るること1里余只見川に注ぐ。
広2間。

温泉

村より未(南南西)の方6町只見川の岸上にあり。
味鹹渋にして積気・金瘡・臂痛を癒す。
山間僻遠の地なれども遠近より来り浴する者少なからず。
湯守家1軒を構えて浴客を待つ。
如何なる故にか土人寶亀湯(ほうきゆ)と称す。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 伊勢宮
鎮座 不明
村東山足にあり。
石鳥居拝殿あり。河口村渡部丹波が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
端村滝原の西30間余山足にあり。
鳥居拝殿あり。渡部丹波が司なり。