大沼郡滝谷組大石田村

陸奥国 大沼郡 滝谷組 大石田(おほいした)
大日本地誌大系第33巻 52コマ目

府城の西に当り行程9里。
家数40軒、東西1町6間・南北2町30間。
東西は山に傍ひ南北は田圃(たんぼ)なり。

東10町5間西方村の界に至る。その村ま巳(南南東)に当り20町10間余。
西30町5間・北10町50間、共に河沼郡牛沢組麻生村の山に界ふ。
南13町28間名入村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り22町20間余。
また未申(南西)の方1里28町大石組水沼村の山に界ふ。

端村

中野(なかの)

本村の東5町にあり。
家数5軒、東西30間・南北34間。
西北は山に傍ひ東南は菜圃(さいほ)なり。

山川

葡萄倉山(ふたうくらやま)

村西1里7町にあり。
頂まで10町余。
西は水沼村に属し北は麻生村に属し、共に頂を限りとす。

逆瀬川(さかせかわ)

村西1里7町山奥にある谷川なり。
麻生村の境内黒牀山(くろとこやま)より出て、山間を南に流るること23町大石組早戸村の界に入る。広3間。

原野

秣場

村より辰(東南東)の方6町20間にあり。
東西1町20間・南北1町。
高尾原(たかおはら)と唱ふ。

水利

村より巳(南南東)の方13町にあり。
周200間。
享保14年(1729年)に築く。

寺院

延命寺

村中にあり。
真言宗長久山と號す。
府下道場小道観音寺の末寺なり。
開基の年代詳ならず。
永禄7年(1564年)上州*1沼田より見眞という僧来て再建す。因て見眞を中興とす。
本尊虚空蔵客殿に安ず。

また鰐口1口を蔵む。
径1尺『大石澤虚空蔵御寶前奉懸鰐口一面勧進比丘明徳大工塩又七郎敬白于時宝徳二天庚午八月十日誌之』と彫付けあり(宝徳2年:1450年)。

観音堂

村西1町にあり。
草創の年月詳ならず。
延命寺これを司る。