大沼郡滝谷組名入村

陸奥国 大沼郡 滝谷組 名入(ないり)
大日本地誌大系第33巻 53コマ目

府城の西に当り行程8里18町。
家数38軒、東西5町・南北30間。
北は山を負い南は只見川に臨み東西田圃(たんぼ)なり。

東23町1間檜原村に界ひ只見川を限りとす。その村は寅(東北東)に当り24町余。
西1里16町大石組早戸村の界に至る。その村まで1里23町余。
南1町10間大谷組河井村に界ひ只見川を限りとす。その村まで7町。
北3町18間西方村の界に至る。その村まで7町20間余。

端村

小山(こやま)

本村の西14町50間余にあり。
家数8軒、東西1町・南北40間。
北は山に倚り南は只見川に傍ふ。

高清水(たかしみつ)

小山の西8町10間余にあり。
家数16軒、東西2町・南北35間。
北は山に倚り南は只見川に傍ふ。

飯岡(いひおか)

本村の西北18町にあり。
家数2軒、東西50町・南北20間。
西北は山に傍ひ東南は菜圃(さいほ)なり。

山川

御坂山(みさかやま)

村西23町50間余にあり。
山色麗しく遠方よりも見ゆ。
頂まで35町。
西は早戸村に属し北は大石田村に属す。

只見川

村南1町20間にあり。
早戸村の境内より来り、東に流れ北に転じ西方村の界に入る。
この村の境内を経ること1里28町。

原野

秣場

村西9町40間余にあり。
東西1町30間・南北1町余。

関梁

船渡場

村南にて只見川を渡し川井村に通す。

村西4町30間にあり。
長6間余。
赤谷沢(あかたにさわ)という渓流に架す。
村中の通路、土橋なり。

水利

村西23町40間余にあり。
周90間。
享保7年(1722年)に築く。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
相殿 稲荷神
   山神
鎮座 不明
村東1町50間にあり。
石鳥居拝殿あり。

神職 二瓶大和

その先詳ならず。
元文中(1736年~1741年)近江治富という者あり。今の大和春治は治富が曽孫なり。

諏訪神社

祭神 諏訪神?
鎮座 不明
端村小山の西1町、只見川の岸上にあり。
二瓶大和これを司る。

春日神社

祭神 春日神?
鎮座 不明
端村高清水の西、山足にあり。
石鳥居あり。二瓶大和が司なり。

寺院

龍昌寺

村中にあり。
山號を靈淵山という。
曹洞宗天寧村天寧寺の末山なり。
何の頃の開基にか詳ならず。
慶長2年(1597年)仁昌という僧住す。
正保4年(1647年)天寧寺13世八高を請て開山とす。
本尊弥陀客殿に安ず。