河沼郡笈川組王領村

陸奥国 河沼郡 笈川組 王領(わうりやう)
大日本地誌大系第33巻 99コマ目

府城の北に当り行程2里3町余。
家数10軒、東西45間・南北49間余。
南は渠川に()ひ東北は田畝なり。

東50間代田組代田村の界に至る。その村は卯辰(東~東南東の間)に当り9町10間余。
西派村際にて田中村に界ひ渠川を限りとす。
南34間余田中村に界ひ渠川を限りとす。その村は未(南南西)に当り4町10間余。
北53間笈川村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り7町10間余。
また
丑(北北東)の方6町39間代田組島村の界に至る。その村まで18町40間余。

この村、旧王領寺村と称す。寛文中(1661年~1673年)寺の字を省く。

山川

渠川

代田村の境内より来り、村南を過ぎ西に回り5町余流れ笈川村の界に入る。