河沼郡笈川組田中村

陸奥国 河沼郡 笈川組 田中(たなか)
大日本地誌大系第33巻 99コマ目

府城の北に当り行程2里。
家数14軒、東西1町22間・南北2町2間。
四方田畝なり。

東4町35間八日町村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り12町余。
西1町30間・南37間、共に笠目村の界に至る。その村は申(西南西)に当り2町余。
北4町笈川村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り9町10間余。
また
丑(北北東)の方3町14間王領村の界に至る。その村まで4町10間余。

山川

渠川

村東3町40間余にあり。
八日町村の境内より来り、7町30間余北に流れ笈川村の界に入る。

水利

清水堰

笠目村の方より来り田地の養水とし笈川村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 天神 2座
   大明神
   稲荷神
鎮座 不明
村より2町20間余辰巳(南東)の方にあり。
鳥居あり。高瀬新田村榊出羽が司なり。

寺院

長福寺

村北にあり。
真言宗、山號を圓満山という。開基の初詳ならず。
文禄中(1593年~1596年)東譽という僧中興せり。
浜崎村遍照寺の末山なり。
本尊馬頭観音客殿に安ず。