河沼郡笈川組五町目村

陸奥国 河沼郡 笈川組 五町目(こちやうのめ)
大日本地誌大系第33巻 103コマ目

府城の西北に当り行程2里5町。
家数8軒、東西48間・南北38間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東2町22間中目村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り8町10間余。
西7町45間青津組村田村に界ひ鶴沼川を限りとす。
南は村際にて佐野村に界ふ。その村は未(南南西)に当り5町50間余。
北1町49間勝常村の界に至る。その村まで2町30間余。

小名

亀台(かめたい)

本村より4町30間余辰(東南東)の方にあり。
家数6軒、東西48間・南北46間余。
四方田畝なり。
寛政3年(1791年)新田を闢いて家居す。

山川

鶴沼川

村西6町10間余にあり。
佐野村の界より来り、北に流るること50間余勝常村の界に入る。

水利

高久堰

中目村の方より来り田地の養水となり勝常村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
鎮座 不明
村の亥子(北北西~北の間)の方40間余にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。佐野村宮川和泉が司なり。