河沼郡笈川組中目村

陸奥国 河沼郡 笈川組 中目(なかのめ)
大日本地誌大系第33巻 103コマ目

府城の西北に当り行程1里13町。
家数25軒、東西52間・南北59間。
四方田畠なり。

東2町14間熊川村の界に至る。その村まで7町20間余。
西3町7間佐野村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り4町40間余。
南1町41間会津郡高久組高久村の界に至る。その村は巳午(南南東~南の間)に当り8町50間余。
北1町20間五町目村の界に至る。その村まで8町10間余。
また
寅(東北東)の方11町4間上垂川村の界に至る。その村まで14町50間余。

水利

高久堰(河沼堰(かはぬませき)

俗に河沼堰という。下同。
高久村の境内より来り田地の養水とし五町目村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 明神 地主神なり
   熊野宮
   幸神
   権現
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居拝殿あり。佐野村宮川和泉が司なり。

寺院

観音寺

村中にあり。
山號を福聚山という。開基の初詳ならず。
天正9年(1581年)宥誉という僧再興すという。
勝常村勝常寺の末山真言宗なり。
本尊地蔵客殿に安ず。

観音堂

境内にあり。