河沼郡青津組村田村

陸奥国 河沼郡 青津組 村田(むらた)
大日本地誌大系第33巻 112コマ目

府城の西北に当り行程2里18町余。
家数31軒、東西2町12間・南北44間。
東は端村東村田につづき三面に田畠あり。

東5町10間笈川組佐野村に界ひ鶴沼川を限りとす。
西4町52間坂下組金上村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り8町50間余。
南1町19間坂下組海老沢村の界に至る。その村まで1町40間。
北7町余中目十日町両村の界に至る。両村まで8町20間余。
また
巳(南南東)の方3町10間坂下組細工名村の界に至る。その村まで7町余。
丑(北北東)の方3町20間履形村に隣りその村際を界とす。

端村

東村田(ひかしむらた)

本村のつづき東にあり。
家数13軒、東西20間・南北2町12間。
東は川に近く南北田圃(たんぼ)なり。

新田(しんでん)

本村の未(南南西)の方8町にあり。
家数4軒、東西1町8間・南北18間。
東北は田圃にて西南に葭谷地あり。

山川

鶴沼川

端村東村田の東5町10間にあり。
細工名村の境内より来り、北に流るること7町計履形村の界に入る。

水利

富川堰(とみかはせき)

海老沢村の方より来り田地の養水とし、村北にて数派となり坂下組金上中政所両村及び本組諸村の田地に(そそ)ぐ。

村北3町富川堰の上に架す。
長6間・幅1尺6寸。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
相殿 伊勢宮
   天神
   権現 2座
   若宮八幡
   幸神
   御稷神
   稲荷神 6座
鎮座 不明
村より寅(東北東)の方2町計鶴沼川の西岸にあり。
鳥居あり。牛沢組塔寺村兼子大和これを司る。

寺院

長榮寺

村北にあり。
多寶山と號す。開基詳ならず。
天正8年(1580年)俊海という僧住せり。
勝常村勝常寺の末山真言宗なり。
本尊不動客殿に安ず。

観音堂

境内にあり。
子安観音を安ず。