会津郡松川組水門村

陸奥国 会津郡 松川組 水門(みつかど)
大日本地誌大系第31巻 93コマ目

府城の南に当り、行程9里10町余。
家数44軒、東西3町30間・南北1町44間。
東南は山に倚り西北は田圃(たんぼ)なり。

東1里10町白川領岩瀬郡湯本村に界ひ二岐嶽の峯を限りとす。
西5町54間中妻・本九九布両村の界に至る。その村は共に西に当り中妻村まで7町、本九九布村まで11町余。
南1里18町計南倉沢村の山に界ふ。
北3町弥五島組弥五島村に界ひ大川を限りとす。その村まで15町。

村東8町余に半同田(はんどうた)という端村あり。今は廃す。

山川

二岐嶽

村東31町余にあり。
(本郡の条下に詳なり)

鎌房山(かまふさやま)

村より辰巳の方1里18町にあり。
南は南倉沢村の山に続く。

大川

村北3町にあり。
中妻・本九九布両村の境内より来り、東に流るること20町計、弥五島組白岩村の界に入る。

男女沢(なめさわ)

村より丑寅(北東)の方5町にあり。
源は二岐・鎌房両山の際より出、1里余北に流れ大川に入る。
広10間計。

関梁

水門口

村東8町にあり
ここより二岐嶽の北を(こえ)て岩瀬郡に通ず。
木戸門を設け番戍(ばんじゅ)を置いて往来を察せしむ

橋2

一は村より丑寅(北東)の方5町。
男女沢に架す。
府下に通る路なり。
長12間・幅1間余。
一は村より西の方1町にあり。
隣村の通路渓流に架す。
長5間・幅7尺。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 山神
   御霊神 2座
鎮座 不明
村南1町にあり。
石鳥居あり。木令村室井備中が司なり。

天神社

祭神 天神?
鎮座 不明
村より辰巳(南東)の方30間にあり。
鳥居あり。村民の持なり。



余談。
古い地図をざっと見たのですが、水門口から湯本村へは男女川を北上し大牧という場所を経由して白岩村の端村雑根に向い、そこから東南に向い二岐山の北を回って湯本村に向う…というルートのようです。