河沼郡笈川組堂畠村

陸奥国 河沼郡 笈川組 堂畠(たうはたけ)
大日本地誌大系第33巻 105コマ目

府城の西北に当り行程2里16町。
家数50軒、東西3町47間・南北1町30間。
四方田畝なり。

東は村際にて中台村に界ふ。その村は辰(東南東)に当り5町50間。
西6町4間青津組京出村に界ひ鶴沼川を限りとす。
南3町58間勝常村の界に至る。その村まで8町40間余。
北26間耶麻郡塩川組上下遠田両村に界ふ。

この村寛文の初(1661年~)まで二本柳・小原・赤沼とて3の端村あり。後漸々に本村に聚て今は1区となる。

山川

日橋川(堂島川)

俗に堂島川という。下同。
村北9町余にあり。
北田村の境内より来り、西に流るること9町20間余上下遠田両村の界に入る。
広40間。

鶴沼川

村西4町余にあり。
勝常村の境内より来り、西北に流るること26町余下遠田村の界に入る。

寺院

養泉寺

村中にあり。
何れの頃の草創にか詳ならず。文禄4年(1595年)養泉という僧再興し弥勒を本尊とし弥勒山と號す。勝常村勝常寺に隷し真言宗なり。
客殿に本尊弥勒を安ず。