河沼郡青津組津尻村

陸奥国 河沼郡 青津組 津尻(つしり)
大日本地誌大系第33巻 117コマ目

府城の西北に当り行程4里6町。
家数26軒、東西26町・南北2町23間。
西は川に()ひ丑寅(北東)の方南宇内村の端村原につづき東南に田圃(たんぼ)あり。

東は村際にて南宇内村に界ふ。その村は辰(東南東)に当り7町余。
西2町30間・北2町計、共に耶麻郡慶徳組真木村に界ひ日橋川を限りとす。
南5町北宇内村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り6町50間余。

山川

日橋川

村北2町計にあり。
南宇内村の境内より西に流し来り、南に折れ西に転じまた北に折れて真木村の西を過ぎ、この村の境内を流るること30町坂下組長井村の界に入る。
西岸2町計の間に屏風岩とて川に臨たる岩山あり。形の似たるを以て名とす。蒼松その間に聳えて風景やや佳なり。村より屏風岩までは戌亥(北西)に当り16町あり。

水利

村より未(南南西)の方9町20間にあり。
東西24間・南北32間。

寺院

徳源寺

村中にあり。
養國山と號す。曹洞宗、草創の年代詳ならず。旧は真言の道場なり。
文禄元年(1593年)誾永という僧住してより洞家となり、熱塩村示現寺の住侶齢岩を請て開山とし示現寺の末山となる。
観音を本尊とし客殿に安ず。長1尺2寸の古佛なり。