河沼郡青津組南宇内村

陸奥国 河沼郡 青津組 南宇内(みなみうない)
大日本地誌大系第33巻 116コマ目

府城の西北に当り行程3里33町。
家数40軒、東西1町40間・南北2町8間。
西は山に近く西南に田圃(たんぼ)ありて北は北宇内村につづく。
また丑(北北東)の方50間余北宇内村の東につづき家数3軒あり。
東西10間・南北30間。

東28間東青津村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り20町。
西は小渓を隔て北宇内村の地に界ふ。
南2町6間上宇内村の界に至る。その村は未(南南西)に当り6町20間余。

端村

(はら)

本村より戌亥(北西)の方8町にあり。
家数2軒、東西20間・南北19間。
西は津尻村につづき東南は田圃にて北は川に近し。

山川

日橋川

村より丑(北北東)の方8町にあり。
東青津村の境内より来り、8町計西に流れて津尻村の界に入る。
広2町10間。

水利

堤2

一は村北19町にあり。東西2町・南北35間。
一は村より19町余未申(南西)の方にあり。東西2町・南北2町。

神社

御稷神社

祭神 御稷神?
相殿 稲荷神 3座
   伊勢宮 2座
   山神  2座
   熊野宮 2座
   白山神 2座
   姥神
   御稷神
   権現  2座
   宗像神
鎮座 不明
村つづき南にあり。
鳥居拝殿あり。塔寺村兼子大和これを司る。

寺院

浄運寺

村中にあり。
下野国大沢圓通寺の末山浄土宗なり。高寺山と號す。
剏建の年月知らず。
高寺の子院なる(よし)いい伝ふれども、寛永中(1624年~1645年)火災に罹り本尊旧記焼失し世々の履歴を詳にせず。
寛文の初(1661年)良乗という僧再興してより浄家となれり。
本尊弥陀客殿に安ず。

古蹟

館跡

御稷神社より(ほり)を隔て南にあり。
東西1町30間・南北1町40間。
城四郎長茂が築きし28館の一なりという。
今は雑樹繁茂す。
この中より米の焼たるが炭の如くにして今なお出。土人云、長茂居館に火をかけて立ちのきしが米倉の焼たる所と。この地高敞にて東南は平衍を望み西北に2重の空隍(からほり)ありて今に歴然たり。

勝負沢

村より未申(南西)の方4町計山径をいう。
恵日寺の衆徒高寺を責しとき合戦ありし所といい伝う。
この地昔は勝負沢越という。越後街道にて野沢組西羽賀村より只見川を渡り、ここより宮川を渡て青木・佐野(笈川組)の諸村を経て黒川への順路とし、また高寺繁栄のときはここより青木・曲沼・砂越・北田の村々を過ぎて本寺への順路とせしとぞ。
天文5年(1536年)の洪水*1に鶴沼川の水道改りし後、宮川に橋を架し佐野村を渡場とす。その後慶長中(1596年~1615年)の地震*2に勝負沢の通路悪くなり今の坂下道を本道とせしとぞ。
この辺の山間より陶器の欠たるものを多く掘出す。

経塚

村西9町20間余山上にあり。
高6間・周30間。
高寺の僧徒1石1字の経文を埋し所という。