河沼郡坂下組下茅津村

陸奥国 河沼郡 坂下組 下茅津(しもかやつ)
大日本地誌大系第33巻 122コマ目

府城の西北に当り行程2里26町。
家数28軒、東西1町4間・南北2町2間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東5町10間・南3町26間、共に牛沢組中茅津村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り6町50間。
西3町6間福原新田村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り7町50間余。
北6町48間海老沢村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り11町20間余。

小名

河原屋敷(かはらやしき)

本村の北3町50間余にあり。
家数10軒、東西50間・南北1町8間。
四方田圃なり。

寺院

真福寺

村西にあり。
松岩山と號す。曹洞宗なり。
開基の僧を林首座という。永禄元年(1558年)に創建し、慶長10年(1605年)より天寧村天寧寺の末山となるという。
虚空蔵を本尊とし客殿に安ず。

旧家

石田七郎左衛門

慶長中(1596年~1615年)上杉景勝就封の時、石田土佐というもの従い来てこの村の北舘という所に居住し肝煎となりしより、子孫相続いて今に至れりという。家に先祖の武器数品と上杉氏・蒲生氏・加藤氏の時の證文21葉を蔵む。今その1、2を下に出す。その文如左
(※略)
長帳慶長3年(1598年)上杉景勝就封の事を記せし所に四郡の御代官のことは、山の郷は満願寺仙右衛門殿、河沼郡は山田喜右衛門殿、稲川のことは津川をしからみ宇津江藤右衛門殿云々とあり。
(※略)