河沼郡坂下組海老沢村

陸奥国 河沼郡 坂下組 海老沢(えひさは)
大日本地誌大系第33巻 121コマ目

府城の西北に当り行程2里18町。
家数22軒。
東西2軀に住し、東住(ひかししう)西住(にししう)という。その間1町16間を隔つ。
東住、東西1町24間・南北1町22間。
西住、東西1町10間・南北1町20間。
共に四方田圃(たんぼ)なり。
村南越後街道に一里塚あり。

東28間余細工名村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り8町10間余。
西2町38間・北2町22間、共に青津組村田村の界に至る。その村は北に当り3町20間。
南3町42間下茅津村の界に至る。その村まで8町10間余。

水利

富川堰(とみかはせき)

細工名村の方より来り田地の養水とし村田村の方に注ぐ。

寺院

真養寺

東住の東にあり。
創立の始分明ならず。曹洞宗久泰山と號す。
天正18年(1590年)より天寧村天寧寺の末寺となるという。
弥陀を本尊とし客殿に安ず。

古蹟

館跡

東住の村中にあり。
東西1町・南北1町10間余。
民家となれり。
何れの事にか藤倉久太郎重信という者住せし所という。