河沼郡坂下組東羽賀村

陸奥国 河沼郡 坂下組 東羽賀(ひかしはか)
大日本地誌大系第33巻 126コマ目

府城の西北に当り行程4里30町。
家数17軒、東西1町54間・南北48間。
四方田圃(たんぼ)にて西は只見川に傍ふ。

東2町30間田中村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り7町30間余。
西1町2間野沢組西羽賀村に界ひ只見川を限りとす。その村まで2町40間余。
南4町窪倉村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り8町。
北5町2間西羽賀村に界ふ。

山川

只見川

村西2町計にあり。
窪倉村の界より来り、20町計北に流れ堰沢村の界に入る。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 権現
鎮座 不明
村より1町20間未申(南西)の方にあり。
只見川の東岸に臨む。大成紫藤喬木(きょうぼく)に蔓延す。
鳥居あり。塔寺村兼子大和が司なり。

寺院

報身寺

村北にあり。
浄土宗浄國山と號す。開基の年月を知らず。
もとは真言宗にて、寛永の初(1624年~)浄順という僧住し同19年(1642年)曇岌という僧住して五之町高巖寺の末山となるという。
本尊弥陀客殿に安ず。