河沼郡牛沢組大沢村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 大沢(おほさは)
大日本地誌大系第33巻 141コマ目

府城の西に当り行程4里32町。
家数15軒、東西1町45間・南北1町10間。
柳津道に住す。南は山を負い三方田圃(たんぼ)なり。

東6町42間坂下組気多宮村の界に至る。その村まで23町40間。
西2町29間朝立村の界に至る。その村まで8町。
南は細越村の山に連なり界域分かち難し。
北2町38間和泉村の界に至る。その村まで8町10間余。

端村

新田(しんでん)

本村の東2町40間余にあり。
家数2軒、東西53間・南北10間。
東南は山に()ひ西北は田圃なり。

山川

七折坂(ななおりさか)

端村新田の東にあり。
この坂を登り気多宮村にゆく。
山路屈曲せしこと凡7折にして峠に至る。ゆえに名く。
頂上より西に顧れば只見川の流れを望み、村落その間に棊布し限りなき眺望なり。

納豆沢(なつとうさわ)

端村新田の村中にある渓流なり。
村南の山中より源を発し、北に流るること2町30間和泉村の界に入る。

水利

滝沢堤(たきさはつつみ)

村の辰巳(南東)の方1町50間に山中にあり。
周2町40間。

神社

茂登幾神社(もとき-)

祭神 少彦名命(すくなひこなのみこと)
相殿 伊勢宮
   山神
草創 不明
村の申(西南西)の方1町20間にあり。
鳥居あり。塔寺村戸内信濃これを司る。




七折坂について

現在国道49号線に七折トンネルが開通しているためここを通る方はあまりいらっしゃらないとは思います。柳津方面よりトンネルの手前交差点を右折した先が旧七折峠です。この旧七折峠、現在はゆったりとしたカーブを描いていますが、明治時代にはもっと曲がりくねった道が続いていたようです。
※地理院地図(大正2年測図/昭和6年修正)



添付ファイル