河沼郡牛沢組細越村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 細越(ほそこえ)
大日本地誌大系第33巻 142コマ目

府城の西に当り行程6里6町。
家数18軒、東西2町・南北1町7間。
南に重山連なり三方田圃(たんぼ)なり。
また辰(東南東)の方4町40間余山中に1区あり。原という。
家数3軒、東西27間・南北19間。

東3町14間八坂野村の界に至る。その村まで9町20間余。
西4町4間柳津村の界に至る。その村まで15町10間余。
南は大野村の山に続き界域分ちがたし。
北7町50間野沢組藤村に界ひ只見川を限りとす。

山川

只見川

村北7町50間にあり。
柳津村の方より来り、東北に流るること6町八坂野村の界に入る。

河原沢

村東10町計にあり。
大野新田村の境内より来り、北に流るること18町計八坂野村の界に入る。

水利

村より未(南南西)の方3町10間にあり。
周100間余。
寶永中(1704年~1711年)に築く。

神社

三島神社

祭神 三島神?
相殿 熊野宮 2座
   鬼渡神
鎮座 不明
村南1町にあり。
鳥居あり。塔寺村戸内信濃が司なり。

稲荷神社

祭神 稲荷神?
鎮座 不明
村南1町にあり。
村東3町20間にあり。
村民の持なり。

墳墓

五輪6基

村北1町計にあり。
三は共に高2尺計。
一は鳥居を彫付。
二は共に三引両の紋を彫付てあり。
皆文字なし。その余五輪多くあれども形体全からず。
相伝て、猪俣美濃某という者の墓所という。
側に桜の古木あり。




余談:三引両の紋。
「丸に三つ引き」
※発光大王堂より