河沼郡牛沢組出倉村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 出倉(いつくら)
大日本地誌大系第33巻 148コマ目

府城の西に当り行程7里5町。
家数9軒、東西1町40間・南北20間。山中に住す。
西北に只見川を帯び東南わずかに田圃(たんぼ)あり。

東6町阿久津村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り16町20間。
西2町余・北5町余、共に野老沢村に界ひ只見川を限りとす。
南3町20間郷戸村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り14町余。
また
丑寅(北東)の方12町に1区あり。龍藏庵(りうさうあん)という。
家数2軒、東西50間・南北40間。
阿久津村に界ふ。

山川

松倉山(まつくらやま)

村南8町にあり。
登ること2町計、南は小野川村に界ふ。

二本木坂(にほんきさか)

村東6町にあり。
ここを越えて阿久津村にゆく。

只見川

村西2町余にあり。
小野川村の界より来り北に流れ東に転じ、凡12町計を経て阿久津村の境内に入る。

神社

赤城神社

祭神 赤城神?
相殿 伊勢宮
草創 不明
村東30間にあり。
鳥居あり。舟木伊勢これを司る。




余談。
出倉から阿久津に抜ける二本木坂とは沼田街道の事でしょう。