河沼郡牛沢組阿久津村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 阿久津(あくつ)
大日本地誌大系第33巻 146コマ目

この村旧悪津に作る。寛文中(1661年~1673年)今の字に改む。

府城の西に当り行程6里24町。
家数14軒、東西1町・南北1町48間。
東は山に倚り三方田圃(たんぼ)なり。
越後国に通る裏街道にて、村の西南に一里塚あり。

東30間・北30間、共に柳津村の界に至る。その村は北に当り1町10間余。
西6町20間余野老沢村の界ひ只見川を限りとす。
南8町54間郷戸村の界に至る。その村まで29間町。
また
未申(南西)の方8町56間出倉村の界に至る。その村まで15町0間余。

また村南3町20間に1区あり。龍藏庵という。
家数4軒、東西50間・南北7間。
土倉村に並ぶ。

山川

三千佛山(さんせんふつやま)

村南5町計にあり。
高70丈計。
昔堂宇ありて三千佛を安置せし故名なりとぞ。
時として古瓦石砮を得ることあり。

只見川

村西3町にあり。
出倉村の境内より来り、北に流れ東に転じ凡8町計流れて柳津村の方に注ぐ。

龍藏庵川(りうさうあんかわ)

村南3町余にあり。
長倉村の界より来り、西北に流るること13町只見川に注ぐ。
広2間計。

金谷沢(かなやさわ)

村南4町にある渓流なり。
昔山賊ここに出て往来をなやまし奪取し、金銀をこの水にて洗しゆえ金洗沢(かねあらひさわ)とも名くという。
長倉村の山中より出て西北に流るること5町余只見川に入る。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 大天白神 地主神なり
   十二所權現
鎮座 不明
村の辰巳(南東)の方4町計山中にあり。
鳥居あり。出倉村舟木伊勢これを司る。

寺院

薬師堂

村南3町にあり。
3間四面、造立の時代知らず。
薬師、長2尺5寸。古物なり。
村民の持なり。




※この村の南東にある山の頂上に神社があるらしいのですが…。