河沼郡野沢組山口村

陸奥国 大沼郡 野沢組 山口(やまくち)
大日本地誌大系第33巻 157コマ目

府城の西に当り行程7里3町。
家数19軒、東西46間・南北2町25間。
東は長谷川に()ひ西は山に近く南北は田圃(たんぼ)なり。

東1町12間牛尾村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り9町30間。
西6町野沢本町の山に界ふ。
南1里黒沢村の山に界ふ。
北5町50間余野沢本町の界に至る。本町は亥(北北西)に当り19町30間余。

山川

長谷川(はせかわ)

村東にあり。
出原村の境内より来り、北に流るること12町10間牛尾村の界に入る。
広7間。

神社

伊勢宮

祭神 伊勢宮?
相殿 稲荷神 2座
勧請 不明
村西40間余にあり。
鳥居拝殿あり。牛尾村沼沢治部が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村南12町にあり。
村民の持なり。

寺院

阿弥陀院

村中にあり。
無量山と號す。下野国大沢圓通寺の末山浄土宗なり。
天正10年(1582年)良證という僧草創すという。
本尊弥陀客殿に安ず。

古蹟

館跡

村より未申(南西)の方14町山の頂にあり。
東西15間・南北30間。
何の頃にか鈴木伊予某という者住すという。