河沼郡野沢組長桜村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 大沼郡 野沢組 長桜(なかさくら)
大日本地誌大系第33巻 159コマ目

府城の西に当り行程7里4町。
家数8軒、東西1町24間・南北40町。山間に住す。

東14町牛沢組小巻村の山界に至る。その村は寅卯(東北東~東の間)に当り1里15町。
西は村際にて二栗村に界ふ。
南4町小杉山村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り23町30間余。
北31間泥浮山村の界に至る。その村まで3町10間余。

山川

貝吹山(かひふきやま)

村より巳(南南東)の方3町にあり。
頂まで2町余。
雑木多し。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 大明神 地主神なり
鎮座 不明
村東1町にあり。
もと二栗村にあり、寛文中(1661年~1673年)ここに移す。
鳥居拝殿あり。村民の持なり。





最終更新:2020年05月19日 13:03