河沼郡野沢組二栗村

陸奥国 大沼郡 野沢組 二栗(ふたくり)
大日本地誌大系第33巻 159コマ目

府城の西に当り行程7里24町。
この地東は長桜村泥浮山村程窪村に界ひ、西は出原村の山に隣り、南は小杉山村の山に接し、北は牛尾村の山に交われり。
東西7町・南北21町、山間に田圃(たんぼ)を闢く。
もと家数6軒ありしに、慶長16年(1611年)の地震に泥沼山村の境内鳥屋山崩れ村落一時に埋みしが、村民1人不思議にその難を遁れしかば長桜村に民屋を構えしという。今にこの村の民居1軒長桜村に住す。


場所は長桜村と同じ所ですね。
二栗村の村民が長桜村に移住したとあるので、事実上二栗村は無くなったという事でしょう。