河沼郡牛沢組小巻村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 小巻(こまき)
大日本地誌大系第33巻 142コマ目

村南只見川の流れに水の渦回せる所ある(ゆえ)に村名とせしとぞ。中頃小牧に作りしを寛文中(1661年~1673年)旧のもじとす。

府城の西に当り行程6里30町。
家数25軒、東西30間・南北40間。山足に住す。
東南の隅は只見川に臨み西は直に山に連なり東南北田圃(たんぼ)なり。

東6町12間柳津村に界ひ只見川を限りとす。
西1里野沢組長桜村の山に界ふ。
南6町野老沢村に隣りとの村際を界とす。
北6町15間椿村の界に至る。その村まで7町10間余。

山川

鳩倉山

村の西北1里余にあり。
高150丈計。

瑞光寺山

村東8町計只見川の岸にあり。
昔瑞光寺という柳津村圓蔵寺の塔頭ありし故名くという。

只見川

野老沢村の境内より来り、東に転じ西北に(めぐ)椿村の界に入る。
境内を経ること凡18町計。
俗にこの村より下流を揚川(あかのかわ)という(柳津村の条下と照らし見るべし)。

牛沢川(うしがさはかわ)

村北にあり。
南とは村の西北1里余山奥野沢組泥浮山村の界一貫清水より出て、東南に流れて村東に至り板沢川(いたさはかわ)となり、東に流れて只見川に入る。
広3間計。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 熊野宮
   若宮八幡
草創 不明
村西20間にあり。
鳥居拝殿あり。出倉村舟木伊勢が司なり。