河沼郡野沢組茅本村

陸奥国 大沼郡 野沢組 茅本(かやもと)
大日本地誌大系第34巻 8コマ目

昔は元木村といいしが大治3年(1128年)萱本に改め寛文中(1661年~1673年)今の文字とす。

府城の西北に当り行程7里5町。
4区に住す。
1区。家数7軒、東西1町40間・南北1町。
ここより申(西南西)の方1町20間に1区あり。家数7軒、東西1町・南北1町。
その西に1区あり。家数17軒、東西2町・南北40間。
その南に1区あり。家数10軒、東西1町30間・南北35間。
共に東は山に近く三方田圃(たんぼ)なり。

東5町20間松尾村の山に界ふ。
西7町11間余森野村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り7町40間余。
南9町36間縄沢村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り18町余。
北3町20間松尾村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り7町40間。

端村

筧口(ひのくち)

本村より申(西南西)の方2町30間にあり。
家数8軒、東西2町22間・南北25間。
四方田圃なり。

山川

大槻川

村南6町にあり。
野沢本町の境内より来り、戌亥(北西)の方に流るること6町計森野村の界に入る。

水利

大堰

縄沢村の方より来り森野村の境内を経て松尾村の方に注ぐ。

村より寅(東北東)の方2町30間にあり。
周1町10間、菖蒲沢堤(しやうふさはつつみ)という。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 山神 3座
   伊勢宮
   伊夜彦神
   御稷神
   大澤神
   梵天神
鎮座 不明
村北1町20間余にあり。
鳥居あり。野沢本町伊藤対馬が司なり。

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 稲荷神
   山王神
勧請 不明
端村筧口の北30間にあり。
鳥居あり。伊藤対馬これを司る。

寺院

龍藏寺

村より寅(東北東)の方1町30間山麓にあり。
開基の年代を詳にせず。慶長中(1596年~1615年)誾秀という僧再興すという。
明暦中(1655年~1658年)秀茂という僧ここに移し(旧地詳ならず)長岳山龍藏寺と號し越後国村松安養寺の末山曹洞宗となる。
本尊虚空蔵客殿に安ず。

薬師堂

村より巳(南南東)の方3町山上にあり。
登ること50間。何の頃の草創にか詳ならず。
薬師の像秘佛なり。
寛文中(1661年~1673年)まで大永6年(1526年)の棟札ありしが今はなし。その写しあれば左に載す。
龍藏寺これを司る。
奉造立薬師如來御宮殿
本願主日光寺於茅分不
動坊息災延命後生全處
故也        
大永六年丙戌霜月廿一日
         敬白

墳墓

石塔2基

共に端村筧口にあり。
一は高3尺5寸、『渡部中務墓天正十六年戊子九月十二日』と彫付けあり(天正16年:1588年)。
一は高2尺5寸、『渡部中務妻墓天正十八年庚寅八月二十日』と彫付けあり(天正18年:1590年)。
共に後人の建しものと見ゆ。

古蹟

館跡

端村筧口の西1町にあり。
東西3町20間・南北2町。
今は木立茂れり。
天正の頃(1573年~1593年)渡部中務某という者住すという。



余談。
薬師如来堂の先にも何か建物があるんですが地図に載ってないです…。
それよりこの地区の神社はどこに行ってしまったのでしょ。