河沼郡野沢組堀越村

陸奥国 大沼郡 野沢組 堀越(ほりこし)
大日本地誌大系第34巻 12コマ目

府城の西北に当り行程8里2町余。
家数24軒、東西2町30間・南北3町。
西は山に続き三方田圃(たんぼ)なり。

東3町30間野沢原町に界ひ安座川を限りとす。原町まで12町20間余。
西1里1町30間本郡海道組白坂村に界ひ毛なし峠を限りとす。その村は亥(北北西)に当り2里21町30間余。
南19町計安座村に界ふ。
北6町24間芹沼村の界に至る。その村まで6町20間余。
また
巳(南南東)の方3町41間牧村に界ひ安座川を限りとす。その村まで5町余。

端村

塩飱(しほはみ)

本村の南12町20間余にあり。
家数6軒、東西30間・南北1町。
西は山に続き三方田圃なり。
ここより未(南南西)の方30間に潮の出る所あり。因て名くという。

岩井沢(いはいさは)

本村の西24町30間にあり。
家数2軒、東西30間・南北30間。
山の八分目計に住す。

山川

蝉峠

村より亥(北北西)の方30町にあり。
頂まで7町。
芹沼上野尻白坂3村と峯を界ふ。

()なし峠(大峠(おほとおげ)

また大峠ともいう。
端村岩井沢の西6町にあり。
頂まで7町30間、白坂村にゆく路なり。その村と峯を界ふ。

安座川

村東3町30間にあり。
安座村の境内より来り、東に流れ北に折れ32町流れて芹沼村の界に入る。

村西10町にあり。
周11町40間余、大沼という。
鳥雁多し。また鮒魚を産す。
この水を引き上野尻村田地の用水とす。

関梁

橋2

一は村より寅(東北東)の方3町余、越後街道安座川に架す。大橋という(野沢原町の条下に詳なり)。
一は村より巳(南南東)の方3町40間余、隣村の通路安座川に架す。長6間・幅7尺、家下橋(いへのしたはし)という。

水利

村より申(西南西)の方1里にあり。周1町10間、御前沼堤(こせんがぬまつつみ)という。
昔は小沼にて水中に機を織が如き音の聞こえし(ゆえ)名くとぞ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 熊野宮
   白山神
   羽黒神
   御稷神
鎮座 不明
村より未(南南西)の方20間にあり。
鳥居拝殿あり。安座村二瓶大和が司なり。

十二山神社

祭神 山積神
勧請 不明
村北3町にあり。
村民の持なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村西にあり。
村民の持なり。

山神社

祭神 山神?
勧請 不明
端村塩飱の南30間にあり。
鳥居あり。村民の持なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
端村岩井沢の西3町にあり。
鳥居あり。村民の持なり。

寺院

高龍寺

村東にあり。
浄土宗寶岩山と號す。上野尻村西光寺の末山なり。開基の年月詳ならず。
もと村南にあり。何の頃にかここに移す。
本尊弥陀客殿に安ず。

古蹟

館跡2

一は村南3町にあり。
東西50間・南北1町。今菜圃(さいほ)となり土居の形わずかに存す。往々石砮或は土器の欠たるを得ることあり。
何の頃にか高橋喜阿弥という者住せし所という。
今この辺の字を小侍従という(また小従殿ともいう)。5、60年前この村に1老婦あり。1日子にいいけるは、小侍従には往古多く珍宝を埋めし所あり。吾これを知れりとて(やが)てその所を示す。子行って堀しに、1の石椁(せっかく)*1を得たり。(あば)き見ればただ曲玉3、4顆ありしという。

一は村より午未(南~南南西の間)の方8町にあり。
10間四方、何の頃の何人の住せしにか詳ならず。

寺跡

村南にあり。
そのかみ高龍寺のありし所という。
この所に庚松(かのえまつ)と称する老松1株あり。昔高龍寺の看主この松の枝を折って薪とせしに、夢中に1人の僧黒衣を記て枕頭に立ち、彼松を薪にせしを咎め夜ごとに止ることなし。看主恐れて垢離(こり)をとり佛神に祈ること数日にしてその怪止るという。今も村民この松を崇敬すること厚し。



余談。
十二山神社(現存せず)の祭神は山積神と記載していますが、おそらく大山祇神(おおやまつみのかみ)の事でしょう。