河沼郡海道組宝川村

陸奥国 河沼郡 海道組 宝川(はうかは)
大日本地誌大系第34巻 17コマ目

この村は陸奥・越後の界なる(ゆえ)昔は境村といいしが、蒲生氏の時今の名に改むそいう。
もと開法峠(かいほうたふけ)下宝川(しもはうかは)古屋敷(ふるやしき)遠瀬戸(とほせと)とて4区に住す。何の頃にか今の地に移せしとぞ。

府城の西北に当り行程10里20町余。
家数40軒、東西2町40間・南北1町計。
山中に住し四方に田圃(たんぼ)あり。

越後街道(越後国蒲原郡小川荘に入てより新発田街道というものこれなり)駅所にて村中に官より令せらるる掟条目の制札あり。
白坂村駅より15町56間この駅に継ぎ、ここより14町30間越後国蒲原郡本組八田村駅に継ぐ。
村より辰(東南東)の方に一里塚あり。

東1里余・北9町20間余、共に野沢組徳沢村の山界に至る。その村は子丑(北~北北東の間)に当り23町計。
西14町52間余八田村に界ひ鳥居峠を限りとす。その村まで18町。
南1里計白坂村の山界に至る。その村は辰巳(南東)に当り16町。

小名

袖山(そてやま)

本村より申(西南西)の方1里18町余にあり。
家数2軒、東西30間余・南北6間余。
深山の間に住す。
明暦中(1655年~1658年)開く。

山川

鳥居峠(とりいとおげ)

村西より漸々に登る峠なり。
越後街道にてこの峯を奥越の界とし、西は蒲原郡八田村に属す。
飯豊神社(耶麻郡木曽組一戸村の条下に詳なり)の為に一ノ鳥居を建し所とてこの名ありという。
頂まで14町50間余。

土埋嶽(つちうつみたけ)

村より未申(南西)の方2里18町計にあり。
頂まで20町余。
この山奥越の界なる故もと境嶽といい、後この頂に境塚を築きしより土埋嶽と號せしとぞ。

宝川

土埋嶽の山中より源を発し渓水に合し東北に流れ、村東にて白坂川東南より来り注ぎ、北に転じ凡3里余にて徳沢村の界に入る。
広8間計。

関梁

村より辰巳(南東)の方、越後街道宝川に架す。
長8間・幅1丈。左右に勾欄あり。
宝川橋という。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
鎮座 不明
村より辰巳(南東)の方5町余、山上にあり。
毎歳7月27日武者的とて的をかけこれを射ることあり。
石鳥居あり。修験般若寺これを司る。

山神社

祭神 山神?
勧請 不明
村より戌亥(北西)の方2町20間余にあり。
鳥居あり。般若寺司なり。

寺院

安養寺

村より辰(東南東)の方にあり。
大田山と號す。永享元年(1429年)泉光という僧建立し数台の後法系絶しを、天正2年(1574年)越後国蒲原郡草水村観音寺の9世器堂という僧来て再興す。今に観音寺に禮し曹洞宗なり。
本尊釈迦客殿に安ず。長9寸。
また太子の像あり。長2尺5寸。
共に木佛座像、作者知らず。古物なり。

勝善寺

村西にあり。
山郷を寶川山という。野沢組野沢原町如法寺の末山真言宗なり。
縁起に、大同2年(807年)徳溢が開基にて、大和国猿沢池の辺に住せし水口八右衛門というものをして堂舎を造営せしむという。
その後世々の履歴詳ならず。
大永元年(1521年)空性という僧住せしより相続いて今に至る。
本尊大日客殿に安ず。

古蹟

館跡

村より戌亥(北西)の方50間余にあり。
東西32間・南北28間。今は菜圃(さいほ)となる。
何の頃にか清田宮内少輔某という者築き、後小原帯刀宣高という者住すという。

観音寺跡

村の戌亥(北西)の方にあり。
天文中(1532年~1555年)火災に罹り焼失せしより廃すといい伝う。
舊事雑考天文9年の記に、羽州荘内の産密侶圓識小川荘寶川村観音寺に住すというは当寺のことなり。

旧家

松次郎

この村の農民なり。
家系を失て世次を詳にせず。先祖は伊東玄蕃某とてこの村の検断を勤む。
慶長中(1596年~1615年)蒲生家の臣岡半兵衛重政が与えし文書あり。左に出す。
蝋売買之事 商人方へ者堅法度ニ候 聞付次第類身共可有御成敗之旨候 然共自内府様蝋燭事之外多御用之由被仰出候ニ付而 方〻御分領之内にて相調候 其方於手前も先代物百貫文之通可相調候 但小川目八貫目ニ付而代物四百文之算用ニ可相極候 委細笠目平左衛門尉口上可申渡候也
               岡半兵衛
 慶長六年壬十一月廿六日   重政(花押)
    ほう川 玄蕃とのへ




余談。
旧袖山は現在の西山地区

会津古塁記に宝川村柵の記述がありましたので引用します。
一、宝川村柵 東西三十二(三十)間南北二十八間往古界村と云ふ。小原村と改む。又大永二年壬午宝川と改む。清田宮内少輔築く。年知不後小原帯刀信高住す。今小川庄に入る。
参考:会津古塁記

鳥居峠

※地理院地図(大正2年測図/昭和6年修正)

49号線の旧道ですね。現在どこまで通行できるかわかりませんが、ほぼ大正時代の地図の通りの旧道が残っているようです。




添付ファイル